付録 「鹿児島の青少年に誇りと夢を」 - 7 おはりに

おはりに我が薩摩の先達が、青少年の頃、朝・昼・晩、時・所をかまわず蛮声を張り上げ、男の気概を誇ったであろう、薩州兵児(へこ)歌を紹介しておこう。

「おどま薩州薩摩のぶにせ、色は黒くて横ばいのこじっくい、肩を怒らかせて下駄ん歯を鳴らせ大道狭しと闊歩する、今じゃこげんして唐芋どん食っちょっどんやがちゃ、天下を股ばいにひっぱすん、この手で政治を取ってやる、取ってやる」

現代語に訳すとこんな事だろうか。

「俺は薩州薩摩の不細工な男だ、色は黒くて肩幅ばかりは広いが身長は低い、寸足らずだ。 歩くときには、肩をいからせて下駄の歯音を鳴らし、大道狭しと闊歩する。 今でこそ、こうして米は無く、薩摩芋などを食べるような貧乏をしているが、やがては天下を股ぐらに挟み、 大政治家になってやる、なってやる」

人の生命は地球よりも重い、この名言をはいて「超法規的措置」を採ったのは、淀号乗っ取り事件の時であっただろうか。それ以降、困った現象が起きてきた、何を勘違いしたのだろうか、自分の生命を地球よりも重く、他人の生命は小鳥の羽よりも軽んずる風潮が出来てきたようだ。

世間では憲法問題や、法的解釈のと、知たり顔でのたまう所謂「知的人種」がおられるが、日本が法治国家であることを放棄した瞬間である事に、気づいていらっしゃるのだろうか。敷衍するならば、その瞬間から、法に基づいて審議する、国会は勿論地方議会すらも存在理由は無くなったのである。

何故ならば、為政者たちに都合の悪い事が発生した時には、国、地方に限らず、即座に「超法規的措置」を採ればよいのであるから。国内外の、物事の見える人達に対し、本当に恥ずかしい日本の現実を、しかもリアルタイムで一斉に情報発信したものだと、今でも日本を心から憂える人間の一人として、あの措置決定の瞬間を、思い出す度に卑屈な思いになる。

面倒な事は避けて通る、先送りする、責任を取らない、目先の利益はとことん追求する。今日の社会の原点とはおおよそ、こんな所だろうか。何故こんな形而下的な心の持ち主が、跋扈する祖国になってしまったのだろうか、そして多くの人々が拝金主義者になってしまったのだろうか。

日本から誇りと恥が去勢させられたからである。誇りを失えば恥の概念も失う。昔は叱られる時は「恥ずかしくないのか」この一語ほど応える事はなかったものであり、武士たるものは腹さえも切ったと言う。日本の文化の原点は「誇りの文化」であり「恥の文化」だと私は思っている。

誇りがあれば恥ずかしい事は出来ないし、そこには自ずと品格さえも備わって来るのである。その事は個人であれ、法人であれ、ましてや国家であっても然りである。大東亜戦争敗戦までは、とても大事にされて来た日本人の魂と精神であったが、戦後の占領政策として有形無形、かつ巧妙に遂行されて来たものがその去勢であったと思う。中華人民共和国のある高官は、公式発言で「日本、そんなものは30年もすれば消えて無くなる」と言ったそうだが、現状を見るに30年も持つだろうか。

パンとサーカス政策が、ものも見事に成功し、平和ボケに酔い痴れている悲しい祖国日本の現状に切歯扼腕している自分であるが、政治的には一介の素浪人の身である。自分に出来る事は、せいぜい筆を取ること位しかないと言う思いで、ここまで書き進めてきた。

鹿児島の青少年に誇りを取り戻して欲しい、恥を知る人間に成長して欲しい、気高く壮大な夢を持ちその実現のために行動する人になって欲しい、利他に生きる人間になって欲しい。そして薩州兵児歌の世界ではないが、たとえお金は無くとも、歩く時には、肩を怒らかせて、下駄ん歯を鳴らせ、大道狭しと闊歩して欲しいのであり、さらに、お天道様に向かって胸をはり、水平線よりも上を見ながら歩く人間になって欲しいのである。

そんな願いを込めながら、稿を起こし始めて早4ヶ月、ようやく筆を置く時がきつつある。恥じ入らんばかりの内容である。しかし、書くと言う事はそれなりに苦労がある、県内は勿論遠く四国の友人たちにまで世話になった。

総ての方々に心から感謝申し上げ「鹿児島の青少年に誇りと夢を」の終はりとしたい、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

虎とら
2008年09月06日 18:58
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww
だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ
指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ
の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ

http://c-melon.net/ameban/DwihABN4

この記事へのトラックバック